ダイエット・健康情報館

テレビの健康番組の情報に振り回されないために活用してください。 健康維持から治療まで、せっかくの人生をエンジョイするためのネタが特盛り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グレープフルーツに含まれる物質がC型肝炎を抑制と言うニュース

C型肝炎の人たちには朗報かも知れませんね。

健康生活には、肝臓のより良いコンディションが必要です。

そのために、有効な手段が増えると良いですよね。

実用化を切望します。

■グレープフルーツに含まれる物質がC型肝炎を抑制
グレープフルーツに含まれるフラボノイドであるナリンゲニン(naringenin)にC型肝炎ウイルス(HCV)の感染細胞内での分泌を抑制する働きがあることが米ハーバード大学(ボストン)医学部の研究によって示され、医学誌「Hepatology」5月号に掲載された。

世界人口の約3%がHCVに感染しているとされるが、現在の標準的な治療薬であるインターフェロンとリバビリンが効果を示すケースは約50%にとどまり、重大な副作用の可能性もあるという。最近の研究からは、HCVがリポ蛋白(たんぱく)のライフサイクルに関連しており、リポ蛋白の代謝に影響を及ぼす化合物やサプリメント(栄養補助食品)がHCVにも作用する可能性が示されていた。

今回の研究では、感染細胞が超低比重リポ蛋白(VLDL)に結合しながらHCVを活発に分泌することが示された。研究グループによると、感染細胞のアポリポ蛋白B(アポB)のmRNAをサイレンシング(過剰な遺伝子の発現をゲノムが自ら抑制する機能)すると、アポB-100およびHCVの分泌がともに70%減少するという。

研究グループはさらに、グレープフルーツに含まれるナリンゲニンについて試験した。過去の研究で、ナリンゲリンがVLDLの分泌を阻害することが示されている。その結果、ナリンゲニンが感染細胞のHCV分泌を80%減少させることを突き止めた。しかし、腸壁でのナリンゲニンの吸収率は低いため、治療量の投与には注射を用いるか、腸の吸収率を高める物質と併用する必要があるという。

研究グループはこのほか、ナリンゲニンをはじめグレープフルーツに含まれるいくつかの成分が顕著な薬物相互作用を示すことも指摘している。今後の研究では、動物モデルおよびヒト肝細胞の長期培養株を用いて、ナリンゲニンやほかの柑橘(かんきつ)類のフラボノイドがウイルス量を減らす長期的な効果について検討する予定だという。


(2008年5月6日HealthDayNews)
関連するタグ
C型肝炎 感染 細胞 インターフェロン フラボノイド グレープフルーツ リポ蛋白 分泌 薬物
関連する健康トピック
1カ月のファストフード食で肝臓に障害
「家庭の医学」にある関連する病気
ウイルス性肝炎 脂肪肝 アルコール性肝障害 薬物性肝障害 慢性肝炎・肝硬変(東洋医学)
http://health.yahoo.co.jp/news/detail/?idx0=w20805164より引用

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

寝不足、寝過ぎで生活習慣病=肥満や高血糖と関連-日大など疫学調査

朝が苦手という人も多いでしょうね。

ワタシもその一人ですから・・・。

睡眠時間よりも、朝起きる時間よりも、大切なのはその質ということのようです。

最近、経済評論家(兼公認会計士)としてブレーク中の勝間和代さんは朝日新聞 土曜日版青be 「メンターに聞け」や日経マネー 「プロしか知らない株のルール」や日経ビジネスアソシエ 「男と女の働き方」などでもご活躍中です。

彼女が選択した睡眠時間は7時間だそうです。色々な情報を彼女なりに分析した結果、免疫力を保つために最適な睡眠時間だと判断されたとか・・。

主婦として、母として、そして、ビジネスパーソンとして活躍される彼女の原動力はそこのあるのでしょう。


寝不足、寝過ぎで生活習慣病=肥満や高血糖と関連-日大など疫学調査
3月12日19時1分配信 時事通信


 寝不足や寝過ぎは、動脈硬化につながる高脂血症、高血糖、肥満といった生活習慣病になりやすいことが12日、日大医学部の兼板佳孝専任講師(公衆衛生学)らの疫学研究で分かった。同講師は「良い睡眠は生活習慣病の予防に重要」としている。
 同講師らは、(1)2005年の地域住民の健診データ約1000人分(2)03年国民健康・栄養調査データ約4000人分(3)職場健診のデータ約2万2000人分-を分析、睡眠時間と高血糖などとの関連を調べた。
 その結果、住民健診では血糖レベルを表す「HbA1c」の値が、睡眠6時間未満と8時間以上で高かった。また、国民健康・栄養調査では、女性の場合に中性脂肪が睡眠6~7時間で最も低く、それより短いか長いほど高かった。動脈硬化を抑制する働きがある「善玉コレステロール」の値は、6~7時間で最も高い傾向を示した。 

【関連記事】 肥満にかかわるタンパク質突き止める=治療に道-スウェーデンの研究者

【関連記事】 メールチェックは不眠のもと=エスプレッソ2杯の効果
【関連記事】 朝食抜き、減量に逆効果=子供を5年間調査-米大学
【関連記事】 4つの習慣守ると14年長生き=禁煙、運動、野菜類と適度の酒-英調査
【関連記事】 低学歴・低所得の方が肥満=女性は差が歴然-独調査

最終更新:3月12日21時14分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080312-00000114-jij-sociより引用



自分自身のライフスタイルにあった最適な睡眠時間が見つかると、今まで以上に大活躍ができるでしょうね。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

ダイエット特集を差し替え=出演者の申し入れで-関西テレビ

ダイエットに関する番組は難しくなってきているのでしょうか?

表現方法にインパクトを持たせすぎるとクレームに繋がるだけなのかも知れないとワタシは思います。

「どうしても、番組上で結果を出したい」という意志があるわけですから、それをどう表現するかなのでしょうね。

ダイエットほど、個人差が大きいテーマはないと思いますからね。

2007/12/26-18:41 ダイエット特集を差し替え=出演者の申し入れで-関西テレビ
 関西テレビ(大阪市)は26日、11月に関西地区で放送した「S-コンセプト」初回のダイエット特集について、出演者からの申し入れで他地域での放送を取りやめたと発表した。
 「S-コンセプト」は、情報番組「発掘!あるある大事典II」の捏造(ねつぞう)問題を受け、信頼回復策の一環として制作している科学番組。初回では、人気の10のダイエット法について医師などの推奨者に解説してもらったビデオを基に、スタジオ参加の医師らが議論した。
 同局によると、放送後にビデオで登場した推奨者から「提唱しているダイエット法のイメージが損なわれる恐れがある」として、他地域での放送をやめるよう申し入れがあった。これに対し「内容に問題はなく、収録前には趣旨を承諾してもらっていたが、相手の意向を尊重することにした」と中止を決めた。山陰中央テレビ(松江市)とテレビ愛媛(松山市)での放送予定分は第2回などと差し替えた。
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2007122600691より引用



視聴率競争もお察ししますけど、視聴者の感覚とかけ離れていると、とんでもないことになってしまうことも・・・。

ワタシも心したいと思います。

過度の期待を持たせないように中立的な情報を伝えられるように努力します。

関係者も過敏になっている部分もあるようにも感じますが・・。

いかが思われますか?

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。