ダイエット・健康情報館

テレビの健康番組の情報に振り回されないために活用してください。 健康維持から治療まで、せっかくの人生をエンジョイするためのネタが特盛り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間の精子を凍結乾燥(フリーズドライ)

技術の進歩なのだろうか、その手があったか~。

でも、そのうち自分が標本としてフリーズドライされる夢を見そう。

倫理的には、色々な論争がある不妊治療。だけど、優秀なDNAを残したいという人間の本能を倫理的にどこまで押さえられるだろう。

世の中、野球で言う4番バッターばかりいても成立しないだろう。

そういう風に考えれば、色々な個性豊かな人で構成されているのは自然なことかもしれない。

優秀かどうかよりも、健全かどうかを考える必要があるのかな。

「東大一直線」みたいな時代は終わったようには感じるけど、別な方面でも「お受験」なりの親の不安解消術が欲望と絡まって渦巻いているような感じもあるかな。

精子保存に「凍結乾燥」、不妊治療の予備的手法に
 カップラーメンのように、人間の精子を凍結乾燥(フリーズドライ)した後、正常な状態に戻すことに、旭川医科大の上口勇次郎教授と米ハワイ大の柳町隆造教授の研究チームが成功した。

 不妊治療では精子を液体窒素で保存する方法が広く用いられているが、停電などの事故で精子が失われる恐れが指摘されており、バックアップとして、この手法が役立つ可能性があるという。

 英国の生殖医学誌「ヒューマン・リプロダクション」に掲載された。

 実験では、人間の精子を特殊な溶液に37度で10分間浸した後、液体窒素で急速凍結し、真空内で凍結乾燥。その結果できた乾燥精子を4度の冷蔵庫で1か月間保存した後、水で元に戻し、精子の染色体の状態を観察したところ、8~9割が正常で、自然の状態の精子と差がなかったという。

 一方、マウスでも、同様の方法で凍結乾燥して元に戻した精子を卵子と受精させ、代理母マウスの子宮に戻したところ、正常に胎児が発育。精子の遺伝情報が正常に残っていることが確認されたという。

 実験を行った日下部博一助教は「不妊治療への応用のほか、貴重な野生動物や遺伝子組み換え動物の精子を保存するのにも利用できる」と指摘している。

(2007年12月12日15時35分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20071212i307.htmより引用



ワタシも優秀とは言い難いし、土をたくましく耕すこともしていないし、回り回って誰かが助かったと言ってもらえることやあなたがいてくれて良かったとかがあれば、少しは世の中に役に立っている充実感を味わえるのだろうね。きっと・・。

そんなこと考えさせられました。
スポンサーサイト

テーマ:生き方 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bbmaster.blog101.fc2.com/tb.php/34-c1424111
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。