ダイエット・健康情報館

テレビの健康番組の情報に振り回されないために活用してください。 健康維持から治療まで、せっかくの人生をエンジョイするためのネタが特盛り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尿路結石はすごい痛みらしい・・・。

40代の知人が最近、急な痛みに襲われた。

たまらず、救急車をよんだ。

診断結果は、「尿路結石」でした。

「あんな痛みは今までには経験がない」と話しながら、再発の恐怖を語っていた。


体質や生活習慣も関係があるのでしょうか?同じような生活をしていても、症状が出る人とでない人がいますもんねえ。

でも、こんな治療法があるので、いざというときでも痛みを和らげてくれそうですね。

体外衝撃波結石破砕術(ESWL)の治療の特徴
実際の治療は、破砕装置のベッドに仰向けもしくはうつ伏せとなり、放射線や超音波を用いて結石の位置あわせをします(写真参照)。

その後1時間~1時間半で、3000回~4000回の衝撃波を結石に向けて
照射します(衝撃波が発生する際に破裂音がします)。なお、治療中は焦点がずれないようにするため体を動かすことはできません。

治療の特徴としては開腹手術を行わず治療できるので、身体に傷痕は残りません。また入院せず外来で治療する場合もあり、この場合は早ければ翌日から普段の生活や職場への復帰が可能となります。

治療中に衝撃波による痛みがありますが、現在の装置では麻酔は必要とせず、座薬や注射などの鎮痛薬の投与だけで十分治療可能です。

衝撃波の通過する背中に、皮下出血がみられることがありますが、数日で消失します。また、ほとんどの患者様で治療直後に血尿が出ますが、こちらも数時間で収まります。

ほとんどすべての患者様を安全に治療できますが、妊娠中の方、出血傾向のある方、腎動脈瘤のある方は原則的に治療できません。また、尿管が狭い患者様では砕石に成功しても、そのままでは排石しない可能性があります。

極度に肥満している方や小児など身体的な問題で位置あわせが困難な場合もあり、この場合は内視鏡治療や、開腹手術などが選択されます。
http://www.ja-hokkaidoukouseiren.jp/websmile/knowledge/knowledge121.phpより引用




今では、この機器を導入している病院はかなり多くなってきたようですが、どうも、尿路結石の対象者全員に適用されない部分もあるようなので、悪しからず・・。

この病院の説明がわかりやすかったので引用しました
スポンサーサイト

テーマ:ヲタクのメモ - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bbmaster.blog101.fc2.com/tb.php/15-2f83bbe8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。