ダイエット・健康情報館

テレビの健康番組の情報に振り回されないために活用してください。 健康維持から治療まで、せっかくの人生をエンジョイするためのネタが特盛り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

化粧品から薬並みのステロイド 「効く」口コミに注意

「シミやしわを消したいという気持ち」 よ~~~くわかります。

どれだけ良い製品であっても、効果には個人差があります。

きつい薬品に対しても平気な人もいれば、大きな影響を受ける人もいます。

この場合は、事実と違う内容だったので、消費者には防ぎようのない話です。

基本的に商取引は信用の上に成り立っているのが基本です。

でも、商品を扱う以上、成分の分析などは必要な時代になってきたように感じます。


化粧品から薬並みのステロイド 「効く」口コミに注意

7月30日8時0分配信 産経新聞

 「ステロイド不使用」をうたい通信販売されていた化粧品から、医薬品並みの濃度のステロイドが検出されていたことが今月、明らかになった。東京都は「薬事法違反で、健康被害が出る恐れがある」として、商品の回収と販売中止を指示した。化粧品は全成分表示が義務づけられているとはいえ、正しく表示されているかどうかの確認は業者側に任されている。消費者が購入前に実際の成分について知るすべは事実上なく、被害をどう防ぐかが課題となっている。(平沢裕子)

 この商品は販売会社「ラバンナ」(東京都新宿区)が、今年3月から通販などで売っていた化粧品クリーム「NOATO(ノーアト)クリーム」。米国から輸入していたという。インターネットの口コミサイトなどで「ステロイドが入っていないのにアトピーの肌がよくなった」と人気に火がつき、約4カ月間で5691個を売り上げた。

 同社の商品紹介サイトでも「ステロイド剤などの成分は一切含まれておりません」としていたが、国民生活センターが調査したところ、プロピオン酸クロベタゾールというステロイドの一種が検出された。このステロイドは、5段階に分けられているステロイドの効果で最強ランクに属し、医師の処方箋(せん)がないと使えない医療用医薬品とほぼ同一の含有量だった。

 近畿大医学部付属病院皮膚科学教室の医師、小西奈津子さんは「治療でステロイドを使うとき、顔には中程度ランク以下のものを使い、最強ランクのものは使わない」といい、「化粧品クリームなら顔に使った人もいるのでは。強いステロイドはリバウンドも大きいので、使った人は専門医に相談してほしい」と呼びかける。

 実際、同センターに寄せられた購入者の苦情の中には「使用してみるとあまりの即効性に怖くなり、使うのをやめたところ、使用前より悪化した」(30代女性)といった被害もあった。

 化粧品は輸入品であっても全成分表示が義務づけられている。ところが、表示が正しいかどうかの確認は企業責任で、実際に確認しているかどうかをチェックする機関はない。同社は「自社の委託検査で検出されなかった」などと主張しているというが、検査機関では「検査は医薬部外品として認められているステロイドを調べたもので、今回検出された医薬品のステロイドは引っかからない。医薬品のステロイドは化粧品に含まれるものではないので、通常は検査しない“想定外”のもの」と説明する。

 東京都福祉保健局健康安全部薬事監視課では、「化粧品の全成分表示は消費者が商品を選択するためのものだが、必ずしも表示が正しいとは限らないことが明らかになった。ネットの口コミを信じて購入した人が多くいたようだが、口コミはあくまでも個人の感想なので、内容を指導するのは難しい」という。

 ステロイドは開発から約60年たつ薬で、効き方や副作用について、現在ではかなりよく分かっている。今回のクリーム購入者の多くはアトピー性皮膚炎の患者だったが、「ステロイド不使用」をうたうことで商品が売れたのは、それだけステロイドに拒否感をもつアトピー患者が多いことのあらわれともいえる。

 小西さんは「重症の患者さんほど、ステロイドへの不信感が強い」と治療の難しさを感じてもいるが、「ステロイドは医師の指示で使えば決して怖い薬ではない。ただ、アトピーは完治が難しいのも事実。患者さんは現実を受け止めることも大切で、口コミ情報に惑わされないでほしい」と話している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080730-00000098-san-polより引用




「口コミ」は効果絶大ですが、それは、良いとの評判も広がりが早いですが、悪いとの評判はそれに輪をかけて早いのですねえ。
スポンサーサイト

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

肥満小学生はメタボ予備軍=女性はリスク10倍

生活習慣は、数十年後に影響がでるということでしょうか・・。

「めたぼ」って言葉は、最近、脅迫観念が強くなってきた印象があります。

何はともあれ、人に言われて制限するのは気分がよくない。

一番肝心なのは、一人一人が、代謝量、運動量に合わせたカロリー量を加減できる能力が必要ということでしょうか。

肥満小学生はメタボ予備軍=女性はリスク10倍-労災病院医師らが全国調査
7月25日6時19分配信 時事通信


 小学6年の時に肥満だった人は大人になってから、脳卒中などの生活習慣病が起きる危険が高い状態「メタボリックシンドローム」(内臓脂肪症候群)になりやすいとの調査結果を、宗像正徳・東北労災病院勤労者予防医療センター相談指導部長ら医師の研究チームが25日までに発表した。発症リスクは女性で10倍にも達し、子供のころの食習慣とメタボ発症に強い関連性があることが浮かび上がった。
 調査は2006年12月から07年8月、全国9カ所の労災病院で健康診断を受けた20歳から70歳の計799人(うち女性216人)を対象にアンケートを実施。メタボ患者400人と、性別や年齢が同じ399人とで、食習慣や運動習慣などを比較した。
 統計解析の結果、メタボ患者になるリスクは、小6で肥満だった人は肥満でなかった人に比べ、男性で2.8倍、女性で10.1倍。また、小学校の時にスポーツをしていた人はしていなかった人に比べ、男性で1.6倍、女性で2.6倍の高さになった。

【関連ニュース】
・ 「メタボ」認知度9割弱=3割が対策講じる-内閣府調査  
・ 減量に「食事日記」有効=自覚促す?-米調査  
・ 〔用語解説〕メタボ健診

最終更新:7月25日10時26分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080725-00000025-jij-sociより引用

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

ダイエットは低炭水化物法を=低脂肪法より効果大-研究チーム

食べ過ぎは言語道断ですが、食べたいのに絶食をするなどしたら、ストレス大発生!

と、なれば、何をどれだけ食べるかが、に焦点を変えた方が良さそうですね。

もちろん、食べ物以外の生活習慣も大きな要素になってくるのでしょうが、基本的に、口からはいる物が重要ですね。

この実験の結果からすると、カロリー制限よりも、炭水化物を少なくしたら、最大の結果がでたというのだから驚きです。

ダイエットは低炭水化物法を=低脂肪法より効果大-研究チーム
7月19日5時54分配信 時事通信


 【シカゴ18日時事】ダイエットでは最も一般的な低脂肪法よりも、信頼性に疑問が持たれていた低炭水化物法の方が効果が大きい-。こんな研究報告をイスラエルのベングリオン大学を中心とする国際研究チームが米医学誌「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」最新号で発表した。
 同チームはイスラエルの322人(男性が86%)を3グループに分け、(1)低脂肪法(カロリー制限あり)(2)野菜、穀類を中心にしてオリーブ油を多用する地中海法(同あり)(3)低炭水化物法(同なし)-の3方法に基づく食事をそれぞれ2年間続けてもらい、体重などを分析した。
 その結果、2年後の体重減少幅の平均は低脂肪2.9キロ、地中海4.4キロで、低炭水化物が4.7キロと最も良かった。低炭水化物法では、善玉コレステロールも増加したという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080719-00000021-jij-intより引用




毎日、いろいろな欲求と格闘しながら生活している私たちは、一生をかけての臨床実験中ということなのでしょうか?

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。