ダイエット・健康情報館

テレビの健康番組の情報に振り回されないために活用してください。 健康維持から治療まで、せっかくの人生をエンジョイするためのネタが特盛り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グレープフルーツに含まれる物質がC型肝炎を抑制と言うニュース

C型肝炎の人たちには朗報かも知れませんね。

健康生活には、肝臓のより良いコンディションが必要です。

そのために、有効な手段が増えると良いですよね。

実用化を切望します。

■グレープフルーツに含まれる物質がC型肝炎を抑制
グレープフルーツに含まれるフラボノイドであるナリンゲニン(naringenin)にC型肝炎ウイルス(HCV)の感染細胞内での分泌を抑制する働きがあることが米ハーバード大学(ボストン)医学部の研究によって示され、医学誌「Hepatology」5月号に掲載された。

世界人口の約3%がHCVに感染しているとされるが、現在の標準的な治療薬であるインターフェロンとリバビリンが効果を示すケースは約50%にとどまり、重大な副作用の可能性もあるという。最近の研究からは、HCVがリポ蛋白(たんぱく)のライフサイクルに関連しており、リポ蛋白の代謝に影響を及ぼす化合物やサプリメント(栄養補助食品)がHCVにも作用する可能性が示されていた。

今回の研究では、感染細胞が超低比重リポ蛋白(VLDL)に結合しながらHCVを活発に分泌することが示された。研究グループによると、感染細胞のアポリポ蛋白B(アポB)のmRNAをサイレンシング(過剰な遺伝子の発現をゲノムが自ら抑制する機能)すると、アポB-100およびHCVの分泌がともに70%減少するという。

研究グループはさらに、グレープフルーツに含まれるナリンゲニンについて試験した。過去の研究で、ナリンゲリンがVLDLの分泌を阻害することが示されている。その結果、ナリンゲニンが感染細胞のHCV分泌を80%減少させることを突き止めた。しかし、腸壁でのナリンゲニンの吸収率は低いため、治療量の投与には注射を用いるか、腸の吸収率を高める物質と併用する必要があるという。

研究グループはこのほか、ナリンゲニンをはじめグレープフルーツに含まれるいくつかの成分が顕著な薬物相互作用を示すことも指摘している。今後の研究では、動物モデルおよびヒト肝細胞の長期培養株を用いて、ナリンゲニンやほかの柑橘(かんきつ)類のフラボノイドがウイルス量を減らす長期的な効果について検討する予定だという。


(2008年5月6日HealthDayNews)
関連するタグ
C型肝炎 感染 細胞 インターフェロン フラボノイド グレープフルーツ リポ蛋白 分泌 薬物
関連する健康トピック
1カ月のファストフード食で肝臓に障害
「家庭の医学」にある関連する病気
ウイルス性肝炎 脂肪肝 アルコール性肝障害 薬物性肝障害 慢性肝炎・肝硬変(東洋医学)
http://health.yahoo.co.jp/news/detail/?idx0=w20805164より引用

スポンサーサイト

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

高齢者は避けて欲しい薬のリスト(2008年4月1日付新聞掲載)

薬をどうしても飲まなければいけないという方は結構見えるはずです。

最近は、薬の飲み合わせまでチェック出来るように手帳などがつくられていますが、複数の医療機関で受信される方には、持ち歩かない方も見えるとか。

この際、飲み合わせと共にこのリストも参考にされては如何でしょうか。
せっかく、体調改善をしようとして薬を飲んでいるのに、本末転倒になりかねませんので、ご参考になさってください。



高齢者ご注意、避けた方が良い薬のリスト 国立研究機関
2008年04月01日

 若者に比べて薬の副作用にさらされやすい高齢者向けに、避けたほうがよい医薬品リストを国立保健医療科学院の今井博久疫学部長らの研究グループがつくった。同科学院のホームページで今月上旬に公表する。患者の年代に着目して「不適切な薬」がリスト化されるのは国内初という。

 掲載されるのは、睡眠薬や解熱薬、降圧薬、抗血栓薬など約70種類で、医師の処方が必要な薬。65歳以上の患者には一般的に、このリストにある薬は避けた方がいいと、高齢者の診療にあたる医師らに対して推奨している。年を重ねると肝臓や腎臓の働きが悪くなり、副作用の影響を受けやすくなるためだ。患者や家族らにも気をつけてもらいたいと、一般に広く公表する。

 リスト選定の基準は、(1)服薬によってふらついて転倒する、幻覚が出る、尿の出が悪くなるなどのリスクがあり、薬効による利益を上回る恐れがある(2)代替できる薬がほかにある――の二つ。今井部長は、欧米で広く用いられている米国の医師マーク・ビアーズ博士作成のリストを基に、国内外の副作用事例に関する論文を加味し、原案を作成。北原光夫・慶応大学病院経営業務担当執行役員ら内科学や臨床老年医学、老年精神神経学、薬剤疫学などの専門家の意見を聴いてまとめた。

 70種類のリストのほかに、糖尿病や肥満、胃潰瘍(かいよう)など約25の病気別に、この持病を持つ高齢者が特に避けた方がよい薬もリスト化した。

 今井部長は「不適切な薬の使い方で、体力の落ちた高齢者を寝たきりにしてしまう場合もある。リストに挙げた薬の使用は避けて欲しいが、どうしても必要な際は副作用の出方を注意深く観察し、慎重に使うべきだ」と指摘する。

 リストは日本医師会雑誌4月号に掲載。同科学院のホームページでは今月上旬に載る。
http://www.asahi.com/health/news/TKY200803310352.htmlより引用



以下は、国立保健医療科学院ホームページの「研究部・センター」→「疫学部」の「部長 今井博久」の情報内にリンクがある資料の一部抜粋です。

表1 高齢者において疾患・病態によらず一般に使用を避けることが望ましい薬剤
薬剤([  ]内は代表的な商品名)
問題点
重篤度
フルラゼパム[インスミン、ベノジール、ダルメート]
問題点
高齢者における半減期がきわめて長く、長期間にわたり鎮静作用を示すため、転倒および骨折の頻度が高くなる。中~短期作用型ベンゾジアゼピンが望ましい
重篤度 高

フルニトラゼパム[サイレース、ロヒプノール]
問題点
高齢者における半減期が極めて長く、長期間にわたり鎮静作用を示すため、転倒および骨折の頻度が高くなる。中~短期作用型ベンゾジアゼピンが望ましい
重篤度 高

http://www.niph.go.jp/soshiki/ekigaku/BeersCriteriaJapan.pdf一部抜粋
http://www.niph.go.jp/soshiki/ekigaku/index.htmlより閲覧できます。

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

栄養補給という考え方

ボディビルでご活躍中のヒロタ夫妻がジャンクスポーツの中でこんな話を

食事ではなく栄養補給

???

からだも栄養を定期的に欲しがっているとか・・・。

なので、食事を決めた時間に摂るというよりも、

勝つための体を作るために

必要なことだそうです。


もう一つ、お風呂にも一緒に入って、お互いの体をチェックするのだそうです。

もちろん、筋肉の付き方をね。

花や宝石よりもプロテインにお金をかける!

人生すべてをボディビルにかけている姿勢に脱帽です。

ダイエットもこんな心構えでできればなんて思いますよね。

とは言っても、修行僧のような生活は、出来る人が限られているのも現実。

継続できる自分流を発見してくださいね~~。

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。