ダイエット・健康情報館

テレビの健康番組の情報に振り回されないために活用してください。 健康維持から治療まで、せっかくの人生をエンジョイするためのネタが特盛り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白内障手術プレチョップ法+多焦点レンズ

手術と聞いたら痛みは付き物だったのは過去の話。

最近では、ほとんど痛みを感じなくても良い手術が増えてきています。

ある程度、年齢が進めばこの傾向がほとんどの人に出てくるようですが、慢性的に辛い思いをされている方もいらっしゃるそうです・。

三井記念病院で開発された「核分割手術(Phaco Prechop法)」で手術をすると4分から6分程度で手術終了するとのこと。しかも、メスを入れる大きさは1.8mmと小さく、縫合の必要なく自然にふさがっていくというのです。

白内障の手術をすると、水晶体の調整機能が無くなってしまうのでまたメガネを準備しなければならないなどの不安も多焦点レンズで日常生活の見えづらさからは解消される。


この手術を採用している病院は日本に100カ所ほどあるらしいので、白内障の手術を検討されている方は、検討の対象に入れてみてください。

眼科担当医師白内障を主体とする各種眼科疾患の手術治療を診療の柱としています。最高の手術材料と最新の手術器械を用いて、最高の技術で最良の手術を行うことを基本方針とし、たえず臨床成績の向上に努めています。特に、当院の白内障手術は世界的に高い評価を得ています。

担当医師名
赤星隆幸部長、國富由紀子医局長はじめ、5名の常勤医師および7名の非常勤医師(眼科学会認定の眼科専門医)が担当します。

主な対象疾患
当科で独自に開発された核分割手術(Phaco Prechop法)と新たな専用手術器具により、白内障手術における超音波時間は、従来の3%程度にまで短縮されました。これに伴い、手術時間は一例4分程度と極めて短くなり、術後早期の視力回復が可能となりました。手術は点眼麻酔で2mm以下の小さな創口から行われます。現在7割近くの方が日帰りで手術を受けておられますが、入院手術をご希望の方には3泊4日で両眼の手術を行っております。

2006年度の白内障総手術件数は、6180件で数的にも日本一の治療実績を誇っています。
http://www.mitsuihosp.or.jp/contents3/tc_23.htmlより引用



名古屋アイクリニックのHPでは多焦点レンズについてのわかりやすい説明をしている
別の術式だと思われるが、説明がわかりやすいのでご参考までに。
スポンサーサイト

テーマ:健康で過ごすために - ジャンル:ヘルス・ダイエット

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。