ダイエット・健康情報館

テレビの健康番組の情報に振り回されないために活用してください。 健康維持から治療まで、せっかくの人生をエンジョイするためのネタが特盛り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インフルエンザ対策 マスクを自作できる方法

インフルエンザ対策 マスクを自作できる方法

新型インフルエンザ感染拡大でマスクが売り切れている

感染防止対策として、手洗いやうがいそしてマスクの着用が推奨されていますが、マスクが原料が入荷待ちという状況になるつつあるようです。

ドラッグストアなどでも「入荷即完売」が続いているとか。

客に店員が「感染したらどうしてくれるんだ」と詰め寄る場面を見たという話も聞く。

テレビCMなどでは麻生さんが「冷静に対応してください」と言っている割には、桝添さんが会見するトーンは冷静とは見えない印象だ。

そこで、自衛策として身近にあるもの=ペーパータオルでマスクを自作出来ると片貝医院HPに紹介されていた。これなら、安価な代替え品ができそう・・・。

高いマスクでも完全にウイルスを遮断出来ないそうなので、機能の違いはありますが・・。

格好はセンス次第ということだろう。 世の中にはもっとおしゃれなマスクがあってもよいかも「デコマスクグランプリ」でもやりますかね。

ペーパータオルでマスク作り
http://comet.endless.ne.jp/users/katacli/mask/papermask.html


吸入器を使用するのも良いかも知れません。ウイルスは湿度70%を超えると死滅するとも言われていますからね。

マスクは本来、感染者が人にうつさないためにするのだそうですが、感染を防止するためにも活用されているとのこと。確かに人混みでは必要でしょうけど、それよりも帰宅後の「手洗いとうがい」が重要なようですね。
スポンサーサイト

テーマ:豚インフルエンザ対策 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

グレープフルーツで静脈血栓

柑橘系のフルーツと薬の飲み合わせにはリスクがあることは聞いていますが、あわや足を切断するかという所までいってしまったという。

偏った食生活や無理なダイエットは、体に必ずしも良くないということでしょうかね。

グレープフルーツがきっかけであわや足切断、「非常に珍しい症例」

【4月4日 AFP】グレープフルーツを食べてダイエットに励んでいた女性の左足に血栓が生じ、もう少しで切断する必要がある状態にまで症状が悪化した。英医学専門誌ランセット(Lancet)に珍しい症例として報告された。

 米ワシントン州オリンピア(Olympia)にある病院の救急医師団は、2008年11月に42歳の女性を治療した。女性は運び込まれたとき、息切れ、めまい、歩行困難の症状を訴えていた。

 超音波スキャンで調べた結果、左足に大きな静脈血栓ができていたことが判明。壊疽(えそ)で足を失う危険性があったが、血栓溶解薬を血栓部分に直接投与したところ、血流が回復した。

 その後の医師団の調査で、女性が前日に1.5時間ほどの比較的長時間の車による移動を行い、エストロゲン経口避妊薬を毎日服用し、静脈血栓塞栓症に関連した遺伝子異常を持っていることなどが分かった。これらはすべて、深部静脈血栓症(DVT)を引き起こす要因とされている。

 だが、体調を変化させる直接のきっかけになったのは、女性が3日前からダイエットの目的で毎朝グレープフルーツを食べ始めたことであると、医師らはみている。グレープフルーツジュースには、避妊薬のエストロゲンを分解する酵素の力を弱める働きがあり、その結果、血液の凝固が促進されるという。(c)AFP
http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2589398/3994568より引用



食べ合わせや飲み合わせにも気を配りたいところですね。

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

高齢者は避けて欲しい薬のリスト(2008年4月1日付新聞掲載)

薬をどうしても飲まなければいけないという方は結構見えるはずです。

最近は、薬の飲み合わせまでチェック出来るように手帳などがつくられていますが、複数の医療機関で受信される方には、持ち歩かない方も見えるとか。

この際、飲み合わせと共にこのリストも参考にされては如何でしょうか。
せっかく、体調改善をしようとして薬を飲んでいるのに、本末転倒になりかねませんので、ご参考になさってください。



高齢者ご注意、避けた方が良い薬のリスト 国立研究機関
2008年04月01日

 若者に比べて薬の副作用にさらされやすい高齢者向けに、避けたほうがよい医薬品リストを国立保健医療科学院の今井博久疫学部長らの研究グループがつくった。同科学院のホームページで今月上旬に公表する。患者の年代に着目して「不適切な薬」がリスト化されるのは国内初という。

 掲載されるのは、睡眠薬や解熱薬、降圧薬、抗血栓薬など約70種類で、医師の処方が必要な薬。65歳以上の患者には一般的に、このリストにある薬は避けた方がいいと、高齢者の診療にあたる医師らに対して推奨している。年を重ねると肝臓や腎臓の働きが悪くなり、副作用の影響を受けやすくなるためだ。患者や家族らにも気をつけてもらいたいと、一般に広く公表する。

 リスト選定の基準は、(1)服薬によってふらついて転倒する、幻覚が出る、尿の出が悪くなるなどのリスクがあり、薬効による利益を上回る恐れがある(2)代替できる薬がほかにある――の二つ。今井部長は、欧米で広く用いられている米国の医師マーク・ビアーズ博士作成のリストを基に、国内外の副作用事例に関する論文を加味し、原案を作成。北原光夫・慶応大学病院経営業務担当執行役員ら内科学や臨床老年医学、老年精神神経学、薬剤疫学などの専門家の意見を聴いてまとめた。

 70種類のリストのほかに、糖尿病や肥満、胃潰瘍(かいよう)など約25の病気別に、この持病を持つ高齢者が特に避けた方がよい薬もリスト化した。

 今井部長は「不適切な薬の使い方で、体力の落ちた高齢者を寝たきりにしてしまう場合もある。リストに挙げた薬の使用は避けて欲しいが、どうしても必要な際は副作用の出方を注意深く観察し、慎重に使うべきだ」と指摘する。

 リストは日本医師会雑誌4月号に掲載。同科学院のホームページでは今月上旬に載る。
http://www.asahi.com/health/news/TKY200803310352.htmlより引用



以下は、国立保健医療科学院ホームページの「研究部・センター」→「疫学部」の「部長 今井博久」の情報内にリンクがある資料の一部抜粋です。

表1 高齢者において疾患・病態によらず一般に使用を避けることが望ましい薬剤
薬剤([  ]内は代表的な商品名)
問題点
重篤度
フルラゼパム[インスミン、ベノジール、ダルメート]
問題点
高齢者における半減期がきわめて長く、長期間にわたり鎮静作用を示すため、転倒および骨折の頻度が高くなる。中~短期作用型ベンゾジアゼピンが望ましい
重篤度 高

フルニトラゼパム[サイレース、ロヒプノール]
問題点
高齢者における半減期が極めて長く、長期間にわたり鎮静作用を示すため、転倒および骨折の頻度が高くなる。中~短期作用型ベンゾジアゼピンが望ましい
重篤度 高

http://www.niph.go.jp/soshiki/ekigaku/BeersCriteriaJapan.pdf一部抜粋
http://www.niph.go.jp/soshiki/ekigaku/index.htmlより閲覧できます。

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。